日守党(にっしゅとう)は「中国共産党から日本を守る党」(政治団体)の略称党名です。

現在の日本に政治的課題は山積しています。「反グローバリズム国際保守連合」として2013年より活動を続けて来ましたが、私たちは日本を守るうえで中国共産党こそ日本にとっての最大の脅威との認識から団体名を変更(2021年6月)し中共問題に特化、一点集中することが私達の役割であると考えています。

香港や台湾、ウイグルだけでなく琉球自治区準備委員会なる中共傘下の国連加盟団体があることを見てもそれは明らかです。沖縄、北海道、そして本州、と中共は私たちの日本を支配下に置こうとしています。

この状況に私達はいかに立ち向かうべきか?

かつて共産ソ連が解体したように中共も解体されるべきです。それによって香港は自由となり、ウイグルも東トルキスタンとして独立の機運となります。チベットやモンゴルも同様です。

そのためには中共に対する制裁が必要であり、中共を助ける貿易協定などは許されません。RCEPや一帯一路、ソ連同様に経済的に孤立させなければなりません。貿易協定は中共への助け舟であり、中共への経済依存を高めるほどその横暴さは更に増すことになります。拡

かつて天安門事件によって国際社会から孤立した中共を天皇陛下の訪中で救ってしまったのは私達の日本です。

そうであれば次は我が日本こそ中共に引導を渡さなければなりません。

我が日本と自由と人権、世界平和のために。

【選挙】

私達は政治活動における発言力を高めるためにも議員輩出が重要と考えています。弱小団体ながら2019年の統一地方選に新宿から参戦し、落選となったものの一定の支持を得ることに成功し、供託金も戻りました。

次の2023年の統一地方選には代表の遠藤修一が再び新宿から出馬予定です。


TOP